誰もが小さいころから慣れ親しんでいる情報源「のぼり」実はこれって日本だけの文化らしいですね。まえにテレビでやっていたんですが、日本に始めてきたときびっくりしたって外国の方が言っていました。たしかに、のぼりって戦のときにもしょっていますよね??そこらへんの名残なんでしょうね。おもしろい☆全国のお店にのぼりがあるわけですが、どっちかと言うとおそばとかおべんとうとか和風な感じに似合う気がします。なんだか、イタリアンとかフレンチのお店にのぼりがでていると、雰囲気が感じられないですよね…どうしてかこんなイメージがあります。のぼりにもいろんな種類がありますよね。色とか、文字の感じとか。ただ、形はあの細長いものが一般的ですね。お蕎麦屋さんが密集しているところにはのぼりがこれでもか!!ってくらい立っていることがありますがあれはなんなんでしょうね?やはり人の目を引いてより多くのお客さんに来てもらうためなのでしょう。でも、立ちすぎ…とういうところは一体どのくらいお金かけてるんだろうな?なんてところに気持ちがいってしまったりして(笑)全国のご当地メニューののぼりにはどんなことが書かれているのでしょうね?色々見て見たいです。

のぼりで応援しています!被災地にエール!

私は小売業のお店で働いていますが、そんな中、沢山ののぼりを扱うことがあります。そんな時、去年と今年については被災地へのエールの気持ちを込めて、全国のいたるところで応援ののぼりを見かけることがあります。以前はみんな、それぞれの商売道具としてのぼりをあげていただけだったと思います。けれどもこの二年間というものはたくさんの応援の気持ちを込めたのぼりを見かける様になりました。当然、私のお店でもその様なのぼりをあげていましたが、頑張らなくちゃ!という気持ちでいっぱいになります。こんな時だから、こんな時こそ、島国根性を見せる時だと思います。まだ、被災地では復興のめどが立たないところも数多くあるそうです。被災地から遠いところに住んでおりますが、様々な形で応援、支援ができたらと思う気持ちでみなさんのぼりをあげているのだと思います。のぼりって見かけるけど、なかなかじっくりと見ることってないですよね。でも、この復興へのエールだけはどこで見かけても目に付く様にできていますよね。遠くに住んでいるからこそ、のぼりをあげてこれからも被災地へのエールとしてあげていきたいと思います。そして、少しでも早く復興できることを祈りたいと思います。